医学部を目指す勉強

医学部を目指して予備校で勉強しよう!

医学部の予備校の勧誘について

医学部の予備校の勧誘について 大学の医学部を希望している人は、予備校選びはとても重要になります。
自分にあった予備校に入りたいものです。
現在予備校では受講生が集まらず、生徒を確保するのに苦労している所も多いです。
最近では、優秀な生徒を獲得するために成績優秀者には授業料免除の制度を設けているところもあります。
資料請求や一回体験に行っただけで、しつこく勧誘されるところもあります。
強引に、入塾テストをうけるように言われたりすることもあります。
また、手紙や電話でのしつこい勧誘もあるので注意が必要です。
医学部の予備校では、一般コースで年間300万から600万の費用が掛かります。
予備校に入ってからも、いろいろな勧誘をうけどんどん費用がかかってきてしまいます。
大学の医学部に合格してからは、年間1000万ものお金が必要になります。
予備校選びは慎重に検討しなければなりません。
予備校では、偏差値が高く選抜コースには入ることができれば、年間150万ほどの費用ですみます。

医学部の予備校の学費について

医学部の予備校の学費について 合格すると学費が年間1000万をこえる医学部。
そんな医学部の予備校の学費は、予備校生の偏差値で分けられていることがほとんどです。
難関大学を目指している人は選抜クラスに入り、その他の人は一般クラスになります。
一般クラスが一番受講生が多いです。
選抜クラスと一般クラスでは、受講料が大きくかわってきます。
選抜コースでは、住んでいる地域でも差はありますが平均して一年間に150万ほどかかります。
医学部専門の予備校の学費はかなり高額です。
一般コースでは、どこでも少人数制でクラス分けされています。
受講料は、年間300万から600万ほどかかります。
選抜コースに比べて倍以上かかってしまうのです。
この選抜コースと一般コースを分けるのは偏差値です。
難関大学を目指して偏差値が高いほど上位のクラスに行くことができ、学費も安くなるのです。
また、予備校では、全寮制のところも多くあります。
その場合は、受講費とは別に年間100万円ほどの費用が掛かります。